————-TeamViewerを使ってみました。

パソコンの遠隔操作が出来るソフト「TeamViewer」を使ってみました。
個人の利用では無料ですので誰でも使えます。

離れた場所にある2台のパソコンをネットで繋げて片方のパソコン画面を自分の
パソコン画面に映して操作できるソフトです。

一般的にはサーバなど離れた場所にある端末の操作に使用します。

ですが、
パソコンの不慣れな方や、何処をどうやったり良いのかなど分からない
場合などに本人に代わって操作することが出来ます。

以下ざっくりと流れを説明します。
TeamViewerサイトからソフトをダウンロードします。

http://www.teamviewer.com/ja/index.aspx

操作する方はこちらダウンロード版:TeamViewer_Setup_ja.exe

TeamViewer_set.gif

インストール後実行すると
自分のIDとパスワード、セッション作成のパートナーID入力窓が表示されます。

このパートナーID窓に操作したい方のIDを入力して
「パートナー接続」ボタンをクリックします。
すると「パスワード入力窓」が開きますのでパスワードを入力します。

TeamViewer_Q.gif

相手方のIDとパスワードはメールなどの連絡手段であらかじめ入手しておきます。

したがって
「3時から作業開始しましょう。
ソフトを起動してIDとパスワードを返信ください。」

などのやり取りを事前に行う必要があります。

次に操作される方の手順です。
TeamViewerサイトからソフトをダウンロードします。
セッション参加者はこちら:TeamViewerQS.exe

TeamViewer_QSR.gif

セッション参加者用のソフトは若干小さめのデータで
起動するとセッション参加の画面がでるので簡単です。

ディスクトップにダウンロードしましょう。

ディスクトップにダウンロードしたら「実行」するだけです。
インストール作業は必要ありません。

起動して表示している「IDとパスワード」をメールに書き込んで
接続して欲しい方にメールします。

TeamViewer_QuickSupport.gif

起動したソフトはそのままにしておきます、終了してしまうと
パスワードが変わってしまうのでその場合はまたパスワードを
知らせる必用があります。

ID:392-996-878
パスワード:4382

上記のような感じでメールしておきます。

操作する側でチャット接続実行すればコメントのやり取りができますので
チャットで作業の指示が出来ます。

TeamViewer_chat.gif

パソコン操作される方は遠隔操に頼らずに自分で操作して
分からない場所にきたらどうするのか確認する方法が良いでしょう。

エンジョイ パソコンライフ。