XML文書を書くためのざっくり学習 (Extensible Markup Language)

HTML文書とXML文書が混在しているためXML文書規約にはじかれないように
注意するための知識として。

   1. 空要素でない要素は開始タグと終了タグを書くこと
   <p>ここからここまで</p>

   2. 空要素は(自分自身で開始と終了を兼ねるタグ)は”/>”で閉じること
   <img src=”http://howtoaffili8.com/img/rss.gif” />

   3. 属性値は、シングルクォート(’)かダブルクォーテーション(”)のいずれかで括ること
       <div id=”header”>

 
   4. タグは入れ子の構造にすることが出来るがオーバーラップはできない。
     間違い <abc>○○○<efg>○○</abc></efg>
     正しい <efg><abc>○○○</abc></efg>

   5. すべてのタグや要素名は大文字と小文字を区別する。
   間違い <ABC>○○○</abc>
   正しい <abc>○○○</abc>