毎日のようにガソリン価格が下がっています。

もう少し待てば120円になるんじゃないかな、なんて。

 

実は人間の感情の事について書きます。

ガソリンが150円していたころの私の心は、

どうやって車に乗らずに過ごせるだろうか?

でした。

このまま、ガソリンが値上がりしたら

乗れなくなってしまうんじゃないかと

心配したわけです。

 

決してガソリン代が払えなくなったわけではないのですが

何かしら決断を迫られたような気がしました。

マイカー使わずにバスに乗ろう、などと考えたのでした。

 

それが、今は。

リッター124円なのです。

 

用もないけど、ガソリンを入れたくなったのです。

なんだか得したような気分です。

この得した気分が感情なのです。

 

今では、どうやったらもっとガソリン入れられるかなと

考えている私がいるわけです。

得だから、ガンガン入れて走りたいわけです。

用もないけどドライブしたくなったのです。

 

不思議ですね。

1リットルの値段が26円下がっただけで

こんなに考え方が変わったのです。

 

 

お得感に訴えるのはすごく効き目があります。

欲しくない人まで

買ってしまう勢いです。

お得だから買っておこう。

 

感情に訴えるのです。

好きか嫌いかで決めていたのです。

 

人間は感情で動いているんです。

感情を動かす文章です。

 

お読みいただき感謝します。