ポインティングデバイスの停止処理

文章を打ち込んでいると、勝手に場所が変わってしまう事があります。

ノートパソコンの場合にマウスが接続されていない場合に使用するツールです。

ほとんど家で使っていて、マウスでしか使っていません。

勝手にカーソルが動いてしまうのは、とても厄介で不便です。

 

買ったばっかりの時に設定して以来だったので、手間取ったので設定方法をシエアします。

原因は、ノートパソコンのシステムに異常動作が出たので「システムの復元」処理をしました。

その後に、ポインティングデバイスが動いていたのでカーソルが飛び回っていました。

 

設定の仕方 (Windows7 の場合)

1.コントロールパネルでハードウエアとサウンドをクリック。

mausu2

2.デバイスとプリンターの項目から マウス をクリック。

mausu1

3.マウスのプロパティのデバイス設定タブを開きます。

「USBマウス接続時に内臓のポインティングデバイスを無効にする」のチックをはずすと

デバイス名を選んで無効化できるようになるので、無効化します。

スクロールパットとタッチパットの2つを無効化します。すると有効の項目が「いいえ」になります。

その後に、「USBマウス接続時に内臓のポインティングデバイスを無効にする」にチックを入れます。

「OK」ボタンで終了します。

mausu3off

この処理で、わずらわしいポインタの移動がなくなりました。すっきり!

もしも、「USBマウス接続時に内臓のポインティングデバイスを無効にする」だけでは停止処理ができなくなっていたらこの無効化をお試しください。

ポインティングデバイスの再インストールが有効です。
再インストールのデバイスインストール

参考になれば幸いです。